top of page
Untitled design (19).png

Month 1

Week1

Design - Essence 1 - 7 (1).png

マインドセットとは

マインドセットとは、ものごとの認知の仕方・信念・思考パターンなどの心の設定のことです。人の気分は常に変化し続けますが、マインドセットはその人の生涯続く核となるような価値観です。

 

それは、私達の行動や結果に影響を大きく与えるため、自分の幸せに有益なマインドセットを持つことがとても大切です。

00:00 / 01:04

今までの自分なら考えもしなかったような大きなゴールを描くと、現状の枠の外に踏み出すことができます。どうしたら叶うのかもわからない、夢物語のようなゴールでも構いません。


大切なのは「今の自分の外」に目を向けることです。なぜでしょうか?

 

私たち人間には、体を環境の変化に適応させ、安定させようとするホメオスタシス(生体恒常性)という機能が備わっています。
 

気温が高いときに、上昇した体温を下げるために汗をかく、汗をかいたときに、失った水分の補給を促すために喉が渇く、といった例がわかりやすいですね。一方でホメオスタシスには、変化やストレスから身を守るため、元の状態に戻そうとする働きもあります。


これは私たちの体だけでなく、心にも影響します。慣れない環境に緊張して、ストレスを感じたり、気分が悪くなるのも、ホメオスタシスが現状維持を促しているからだと考えられます。
 

無意識に居心地のよい現状に留まろうとするホメオスタシスの性質は、いわば「結界」のようなものです。この結界を超えて、外へ、外へと足を進める後押しをしてくれるのが「大きなゴール」なのです。


そして面白いことに、ひとたび現状の枠の外に飛び出してしまえば、そこがあなたの新しい「現状」となり、ホメオスタシスは適応を始めます。そうすれば、元の現状に後戻りすることはまずないでしょう。

 

こうしたホメオスタシスの性質をうまく利用して、変化を促すのが「今までの自分なら考えもしなかったような大きなゴール」なのです。変化は怖いものです。でも、それを乗り越えなければ成長することはできません。さて、あなたはどんなゴールを描きますか?

やってみよう

大きなゴールをリスト書きにする

 ゴールはいくつあってもOK、あとから変更してもOK
​ ゴールを考えることは、人生と向き合うこと
​ ゴールが叶って、どんな気持ちで過ご
しているかまで考えることが大切

 今の自分の世界の外側にあるゴールを描く - 叶え方の検討がつかないもの

このゴール設定は、あなたを今の現状の外へと連れていってくれる道を開いてくれます。ゴール設定後に現れてくるランダムなお誘いやきっかけやイベントなどに乗っていくと、それがのちになって、「あの時の点と点が線で繋がった!」というような展開になることも多々あります。大きなゴールに向かうのは地続きではなく、星座のように点と点をつないでいくようなもの。それが風の時代らしい進み方です。

3.png
00:00 / 01:04

これから新しい何かを学ぶ皆さん、すべての学びはアウトプットと行動を前提であることを心がけましょう。なぜ「アウトプットと行動をセットですることが大事か」というと、それは学んだことを、より記憶に定着させて、自分のものにしていくためです。

 

「がんばって勉強しているのに、内容がなかなか覚えられない」という経験はありませんか?それは方法を少し工夫するだけで、大きく効果がUPする可能性があるんです。

「アメリカ国立訓練研究所」の「ラーニングピラミッド」という図を見てみましょう。これは「どんな学び方をしたら、平均でどれぐらい記憶に定着するか」というパーセンテージを表しています。

23522364.png

講義を聴く

5%

​読む

10%

自ら体験する

75%

自らの言葉で人に伝える

90%

受け身の学習よりも、能動的・主体的な学習、つまりアウトプットと行動を伴う学習のほうが圧倒的に定着することがわかります。さらに学びを定着させるには、ちょっとした復習も大きな差を生みます。

 

エビングハウス博士の研究によると、なんと人は何かを学んでも、1日後には67%、1か月後には79%も忘れてしまうそう!(※エビングハウス博士の忘却曲線)​人は忘れる生き物なんですね。

ところが博士は、「忘れることを防いで、記憶に定着させるために最も効率的な復習のタイミング」も研究してくれました。それは下記の通りです。

記憶に定着させるために最も最適な復習のタイミング

  • 学習から1日以内に10分

  • 続いて1週間以内に5分

  • 最後に1か月以内に2~4分

この方法を取り入れて、効率よく学び、大きく成果をあげていきましょう!

 

またこのコースでも、学び(インプット)の翌週には毎回復習や実践(アウトプットと行動)の期間を設けていますので、ぜひこのアウトプットの時間も有効にお使いください。
 

最後に。


「知っている」のと「できる」のと「やっている」のとでは大きな違いがあります。ある情報を知って、できた気になって、実際にはやらない人が多い中で「実践する」ことを徹底するだけで大きな差が生まれます。学んだことは、どんどん実践に移していきましょう!

4.png
00:00 / 01:04

「人生のすべての責任は自分にある」と自覚して自分の人生をクリエイトしていきましょう。

 

人としての器の大きさは責任の範囲に比例します。そして、責任の範囲は収入の量に比例します。
 

目先の自分の利益だけでなく、より広く世の中のためを考える抽象度。自分の夢だけでなく、他人の夢まで引き受けて叶えてあげよう!というくらいの視座の高さ。ビジネスで成功している人はみんなこれを持っています。風の時代がやってきて人々の意識が高くなってきた今、ここはとても大事なポイントです。


自分のためから、家族と友人のため。さらには社会のため、地球のため・・・と責任の範囲をどんどん広げていく意識と視座の高さを持って取り組んでいきましょう。​そんなあなたの信念や愛に、共感する人たちや応援してくれる人たちがきっと現れてきます。

5.png
00:00 / 01:04

リサーチ力、検索する力を味方につけて、知らない言葉が出てきたら、その場で解決する習慣を身につけましょう。このコースでは、できる限りわかりやすい説明を心掛けていますが、専門的な単語の詳しい解説はしません。知らない言葉が出てきたら、その場で調べて瞬時に解決する習慣を身につけましょう。それも実践のひとつであり、その習慣は必ず、ご自身の力と知恵になります。

 

これからビジネスやライフワークをやっていくにあたって、いろんな疑問も出てくることでしょう。調べても答えがすぐに見つからない場合は、自分の中で仮説を立てて、検証するために行動するということが大事になってきます。トライ&エラーや振り返り(フィードバック)を繰り返して、自分なりのベストな解答を見つけていくことは、ライフワークを常に改善させて進化させていくことにもつながります。


そして、こうすることで、すぐに答えを求める短期的な思考から抜け出し、自ら考える力を養うことができます。自ら考える力があれば、情報に流されずに、物事の本質を見極めることができるようになるでしょう。「自己解決能力」は、これからの「予測不可能な時代」を生きていくためのかけがえのないスキルとなります。

6.png
00:00 / 01:04

人に親切にし、人を応援し、人に対するこころ遣いを忘れない。自分を尊重して大切にしながら、また、まわりの人たちや出逢う人たちも大切にしていきましょう。コミュニケーションを大切にし、人との交流を通じて相手の気持ちや考え方を理解しようとすることで、柔軟な思考力を身につけることができます。

そして、ギブ精神を育み、実践していきましょう。あなた自身が疲弊しないもの・ことを与えることで、誰かが幸せになるのなら、どんどん与えていきましょう。それらは、巡り巡ってあなたのところに還ってきたり、思わぬ展開を呼んでくれることにもつながってきます。
 

仕事・お金・健康・愛など、すべての物事には「流れ」があります。良い流れをつくるには、自ら行動することです。率先して愛や元気を与えて、大きな流れを生み出せる人こそ、高い人間力を備えた人と言えるでしょう。

やってみよう

「人間力がある人」とはどんな人か書き出してみよう

書き出した人物像から、自分自身がそうなりたいと思ったエッセンスにフォーカスしてみましょう。そうなるには、どんな行動をするといいでしょうか?それも書き出して、実際に実践に移していきましょう。

Week1 Review

このReviewコーナーにあるテーマカードは

保存していただけます。

復習などにお役立てください。

​※人にシェアしたりインターネット上に

アップロードするのはご遠慮ください

Week2

Top - WEEK 2.png

マインドセットとは

マインドセットとは、ものごとの認知の仕方・信念・思考パターンなどの心の設定のことです。人の気分は常に変化し続けますが、マインドセットはその人の生涯続く核となるような価値観です。

 

それは、私達の行動や結果に影響を大きく与えるため、自分の幸せに有益なマインドセットを持つことがとても大切です。

1.png
00:00 / 01:04

私たちはみな、それぞれのマインドセットをもって生きています。

それは、「ご飯は毎日3食べるべき」という習慣に基づくものかもしれませんし、「いい大学に入っていい会社に入れば、幸せになれるはずだ」という価値観かもしれません。

 

こうした、自分が正しいと信じて疑わない「思い込み」や自分自身に課した「約束事」が、私たちの人生を形作っています。どんなマインドセットをもっているかによって、どんな人生を歩むかが決まると言っても過言ではありません。

 

みなさんは、どんなマインドセットをもっていますか?

2.png
00:00 / 01:04

マインドセットは私たちの意識の深いところに根付いているため、仕事や人間関係など、あらゆる場面において私たちの決断の基礎となります。

 

さらに、マインドセットの影響は無意識にも及ぶため、日常の何気ない癖や習慣の中にもその人のマインドセットが現れてきます。その影響の一つひとつは小さくとも、積もり積もれば人生の質を左右するほどパワフルな概念です。

 

丈夫な家を建てるためには強固な基礎が必要なように、ゆるぎないマインドセットは私たちが人として成長し、豊かな人生を築くのを助けてくれます。

 

マインドセットを定めると迷いがなくなり、決断の質とスピードが向上します。優先順位が明確になると言ってもよいでしょう。

 

例えば、あなたが何よりも家族を大切にする方だとします。家族と過ごす休日にあなたのビジネスにとって重要なクライアントから食事のお誘いがあったらどうしますか?

 

「家族をガッカリさせたくない、でも大事なビジネスチャンスにつながるかもしれない…」と悩むときは、目先のメリットや他人の評価が判断の軸になっています。

 

こんなとき、「自分の一番大切なものを一番大切にする」という、シンプルかつ強力なマインドセットが判断の基盤にあれば、迷わずスマートにお断りできるでしょう。

 

努力がなかなか報われない、なぜかビジネスが上手くいかない…という方は、テクニックやノウハウを学ぶ前に、マインドセットを見直してみましょう。

やってみよう

(仮)マインドセットを見直してみよう

普段の行動や思考のパターンから、ご自身がどんなマインドセットをもっているか書き出してみてください。それから、ご自身の行動を変えるために、それらのマインドセットをどう書き換えるべきか考えて、アップデートしたマインドセットを書き留めておきましょう

3.png
00:00 / 01:04

例えば「問題=トラブル」というマインドセットをもっていると、問題が起きるたびにネガティブな気分になり、問題をどう避けるかを考えるようになりますよね。

 

これを「問題=ビジネスチャンス」というマインドセットに書き換えると、問題をどう解決するかに意識が向かうため、問題に直面するたびにワクワクした気分になるはずです。

 

同様に「失敗」を「恥」と捉えてしまうと、失敗を恐れて挑戦できなくなるのに対して、「成長のための学び」と捉えると、失敗からいかに学び、活かすかを考えるようになります。

 

このように、同じ出来事に遭遇しても、マインドセットひとつで感情も行動も大きく変わってくるんです。

行動を変えたければ、まずはマインドセットから。そのためにも、日頃からさまざまな出来事に対するご自身の反応(感情・行動)を注意深く観察し、その背景にはどんなマインドセットがあるのか、ポジティブな体験に変えるにはどんなマインドセットをもつべきなのかを考えていきましょう。

4.png
00:00 / 01:04

質の高いマインドセットを長期的なビジョンに適応すると、「なりたい自分」や「叶えたい未来」を実現することも可能になります。

 

では、「なりたい自分」や「叶えたい未来」に近づくためには、どんなマインドセットを身につけたらよいのでしょう?一番の近道は、あなたの理想をすでに体現している方のマインドセットを見習うことです。「素敵だな」「私もこうなりたい」と思う方がいたら、積極的に交流し、同調していきましょう。

やってみよう

(仮)憧れのあの人のインドセットを分析してみよう

あなたが「素敵だな」「私もこうなりたい」と思うあの人は、どんなマインドセットをもっているでしょうか?直接お話できる機会があれば「こんな時、どう考えますか?」と質問してみましょう。それが難しければ、「あの人だったら、こんな時、どう考えるかな?」と想像するだけでも確実に「なりたい自分」に一歩近づくことができます。

Week 2 review